かんざし屋の(有)山口

平打、後挿しかんざし類
玉かんざし
櫛(前櫛),平打セット
前差しかんざし類
チリカン、ビラカン
つまみかんざし

蒔絵かんざし
ラインストーンかんざし
造花の髪飾り
飾りかんざし(1本足)
飾りかんざし(2本足)
帯飾り

クリップ
マジェステ
バレッタ、後ろ留め
リボンネット
コーム
ポニー、ヘアゴム

ご利用方法
かんざしの歴史
お問合せ
会社案内
実販売店舗ほか

映画『さくらん』関連商品
特売!べっ甲張り製品
その他かんざし小物類
お知らせ

かんざしの歴史と種類
かんざしの歴史 その1
かんざしとは
まず、かんざしとは何でしょうか。
今から300年前、江戸時代の末期頃、日本の文化は栄華を極めました。
技術的には、すでに室町時代の頃に完成していたものと考えられるそうですが、
江戸時代の長く続いた平穏な時代が、様々な需要を生み出し、また供給もそれに
沿って増加していったことでしょう。この頃は、女性の髪型も複雑になり、実に
さまざまなかんざしが生み出されています。
 ここで、日本におけるかんざしの原点を探ってみましょう。

かんざしの原点とは
 日本におけるかんざしの原点は、縄文時代にまで遡ります。古代日本では、
先の尖った一本の細い棒に、呪力が宿るものと信じられていました。そこで、
髪に一本の細い棒を挿すことにより、魔を払うことができると考えたのです。
これが髪串であり、のちのかんざしとして発達したものでしょう。この髪串を
さらに何本も束ねて櫛のように用いたものが櫛の原型といえるわけですが、
出土品を見ると、その形は縦長でしかも歯の部分が特に長く、髪を梳くための
櫛というより、束ねた髪を止めるヘアー・ピンの用途もあったようです。

奈良時代〜平安時代
 奈良時代になると、中国大陸からの文化、特に隋・唐の大陸様式が強
い影響をおよぼすようになり、それは服装や飾りにも反映されました。
現在の櫛の原型である、横長の挽き櫛や、二本足の釵子(さいし)と呼ば
れるかんざしが輸入され、唐風の髷の大きな髪型が流行したそうです。
また当時中国では男女とも髷を結う風俗だったため、その風習も輸入
され、日本でも男性も女性も髷を結っていたようです。
 しかし、平安時代に入りかんざしは受難のときをむかえます。女性は
みな自然の垂髪にし、黒髪そのものの美しさを求めたのです。これによ
り古来の装身具は影をひそめてゆきます。髪をまとめないことから、髪を
梳く櫛は依然として使われていたものの、かんざしや櫛を髪に飾ることは
なくなっていったのです。

安土桃山時代〜江戸時代初期
 この頃は身分の高い女性は垂れ髪で、外出の際には衣かずきや小袖かずき、
あるいは差柄傘(さしえがさ)で歩いたが、庶民は塗り笠や頭巾をして外出
したといいます。髪型といえば唐輪(からわ)のような簡単な髷の毛先を、
色布でまとめた姿であったようです。
 江戸時代初期もだいたいこの延長であったようです。
ところが、このころから幕府の武家諸法度の厳しさから浪人者が増え、世に
有名な由井正雪などのように幕府を窺うような事件が多発してしまうのです。
そこで、幕府はこれを取り静める一方、その続発を防ぐため、覆面など顔を
覆うものの着用を禁止しました。このため外出の際にも素面にならざるを
得なくなり、この結果、新しい髪型の出現〜かんざしの発展へとつながるの
でした。

かんざしの歴史 その2
江戸時代の髪飾り
平安時代に一度姿を消した髪飾りは、江戸時代に入って再び登場し、広く流行
するようになります。その背景には、髪を結い上げるようになり、その結髪に
技巧を凝らすようになったからともいえます。
江戸時代初期の風俗画や肉筆浮世絵を見ると、髪型も単純に纏め上げただけで、
髪飾りは使われておらず、わずかに元結と一枚の櫛が挿されている程度です。
その櫛も、どうやら装飾用のものではなく、梳櫛をそのまま用いているような
質素なものでした。
これが江戸中期以降 宝暦(1751〜)ごろからさまざまな変化を見せます。
爪型横櫛の基本形から、飾り櫛としての多彩なものが生まれたのです。その素材
には木、象牙、鼈甲、馬爪、珍しいところではガラス製のものまでありました。
形も、細身、幅広、楕円形と多種多様で、装飾方法も漆、蒔絵、螺鈿、象嵌など
のほか、透し彫りや裏表に図柄が続く返し模様などがありました。
もちろん、このような豊富な種類の髪飾りも、当初は封建社会を反映し、高価で
貴重なものは武家階級のみに用いられたもので、富豪であっても町人階級には
許されないものでした。
文献によると、「明暦(1655〜57)までは大名の奥方ならでは、べっ甲は
用いず、遊女といえども、つげの櫛に鯨の棒笄を挿したりといえり」(『我衣』)
とあり、その後、「天和貞享(1681〜87)時代より、べっ甲櫛流行し来た
り、また透し彫りをほどこすこと始まれり」(『嬉遊笑覧』)となっていて、一般
庶民にも華美な風潮が流行していったさまを伝えています。ただし、当時から
輸入品であった鼈甲は大変に高価で、その代用品として馬爪、牛爪製の櫛が
さかんに製造されたようです。これらの代用品には、鼈甲に似せて斑入りのもの
まで製造されたといわれています。
このあと享保(1716〜35)ごろより、遊女たちの間で二枚櫛、三枚櫛を
挿すことが流行し、江戸時代後半の浮世絵美人画には、当時の女性の髪型として
特色を示しています。この三枚櫛は燈篭鬢(とうろうびん)という横に張り出し
た鬢が結われたこともあり、髪飾りも年を追って著しく発達し、大型化してきた
ので、廓のような特殊社会ではそれが直ちに影響、かつエスカレートして用いら
れたともいえるでしょう。
この三枚櫛に伴ない、かんざしなども三本、四本と多く挿されてゆき、髪型の大
型化とともに髪飾りの燗熟期を迎えるのです。


☆簪(かんざし)という漢字について
先日簪という漢字についてどういう由来のものなのかと尋ねられたのですが、
自分もよく解っていなかったので調べてみました。
またその方のご指摘には蚕(かいこ)を古い字では蠶と書いたそうですが…とも
言われておりました。その辺りを念頭に調べてみた結果が以下のようなものです。

簪という漢字の中には、牙に似たような字が2つ並べてあるのですが、これと同じ
部分を持った漢字が蚕の古い字なのだそうです。
調べてみると、簪(サン、かんざし)や潜(=濳、水にもぐる)の中に含まれている
旡(サン・セン)という部分をとり、それに虫印二つをそえた字とありました。
この発音を表す部分の原形は、旡(サン)という字で、それは髪の毛の中にもぐり
こむかんざしの形を描いた象形文字なのだそうです。竹のかんざしが多かったので、
のち竹かんむりを加え、下に「曰」(人間の言動を表す記号)をそえて、簪(サン・
かんざし)と書くようになったとか。この印を含む文字は、すべて「中へもぐりこむ」
という意味を含んでいるそうです。讒言の讒とは、悪口を人間関係の中にもぐりこませる
ことだし、潜水の潜(=濳)とは、水の中へもぐりこむことである、ともありました。
カイコは桑の餌の中に頭をもぐりこませ、中へ中へと食い進む。あの「蚕食」する
姿に着目して、それを蠶と呼び、のち略して蚕と書くようになったそうです。

かんざしの種類あれこれ
江戸時代のかんざしの種類を大きく分けると、耳かき簪、松葉簪、玉簪、平打簪、
花簪、変わり簪などの種類がありました。これらは現代でも古典的なかんざしと
して通常目にすることのできるような形状のものです。特徴としては、頭の部分
に耳かきがつき、胴の部分から2つに分かれて、2本の足が形成されています。
しかしながら、この形が作られたのも、江戸後期のころでした。江戸初期には、
まだかんざしそのものが用いられていませんでしたし、元禄時代ころのかんざし
にも、耳かきは付いておらず、使い方も丸い形のままの平打や、銀杏の葉の形の
かんざしなど、2種類程のものを、シンプルに1本だけ挿すようなものでした。
なお、ここではかんざしの分類の仕方として、形状と用途によって分けています。

1.前に差すもので飾りがないか、立体的な飾りのみ付いているもの…吉丁
2.前に挿すもので飾りと下がりが付いているもの…びらびら簪     
3.後ろに差すもので平たい飾りのもの(非立体的)…平打        
4、後ろに差すもので飾りの付いてるもの…飾りかんざし        

かんざしを作る立場、使う立場の方にとって、分類することなどそれほど意味を
持たないかも知れませんが、一応このようなことで進めさせていただきます。

・平打簪は、形が薄く平たい銀製のものが主で(それらを挿して特に銀平(ぎんひら)
と呼ぶこともある)、円形・亀甲形・菱形・花型などのわくの中に、透かし彫りや、
毛彫りで定紋・花文などをあらわしたものです。定紋は、武家などの婦人が用い
ましたが、芸者さんなどでは、好きな人の家紋や、名前の頭文字を彫りつけたと
いう話もあります。変わった柄のものでは、団扇・開き扇子・銀杏・桐・笹などを
象ったものがあり、特に団扇形のものは夏すがたの髪飾りとして季節感があること
から風流を好んだ江戸時代の人々に好まれ、銀、鼈甲、象牙など、さまざまな素材が
用いられました。

・玉簪は、耳掻き簪に玉を一つ挿しただけのシンプルなものです。しかしながら、玉簪
ほど日本の女性に広く用いられ、かつ現代まで愛され続けている簪はないといっても
過言ではないでしょう。江戸時代を過ぎて、明治・大正期になっても丸髷や銀杏返しの
後ろ挿しとして、廃れることなく、現代まで連綿と用いられてきました。
玉の色や足の素材による組み合わせによって、様々なタイプのものが存在すること
からも、その人気が分ります。かんざしの足は1本足と2本足のものがあります。

・チリカン…芸者衆などが前差として用いる金属製の簪の1つで、頭の飾り部分が
バネ(スプリング)で支えられているので、ゆらゆらと揺れるのが特徴です。飾りが
揺れて触れ合い、ちりちりと音を立てることからこの名称があります。飾りの
下側には細長い板状のビラが下がっていて、こちらも小さな音をたてます。

・ビラカン…主に金属製で、頭の部分が扇子のような形状をしているものや、丸い形の
ものがあり、家紋が捺されています。頭の平たい部分の周りに、ぐるりと細長い
板状のビラが下がっているもので、耳かきの無い平打に、ビラをつけたような
形状といえます。現代の舞妓もこれを用い(芸者になったら使用しない)、前挿しに
します。その場合は右のこめかみ辺りにビラカン、左にはつまみかんざしを挿します。

・松葉簪は、散り松葉に似ているのでこの呼び名があります。耳掻き簪についでシン
プルな形をした簪で、浮世絵の美人画にも多く見受けられます。関東(吉原)の
太夫用のかんざしセットの中にも含まれます。

・吉丁(よしちょう)は、耳掻きをそのまま大きくしたような意匠のつかない簪で、
この形の華奢なものを髪掻きともいいます。結髪の場合には、指先でも頭皮を掻く
ことはできないので、このような簪の先端を用いたものと思われます。この耳掻き
が簪につけられたものはすでに古代にもあり、古墳からの出土品の中にも見られる
のですが、江戸時代になって改めて流行した起源については、若狭守宗直が命じて
作らせ、これをかんざしみみかきと称し、便利なものとして知人にプレゼントした
ところ、大変に喜ばれ、流行したという内容の文献が残されています。当時のアイ
デア商品だったと言えるでしょう。他にも、享保三、四年ごろに耳掻き簪が出始め、
これが大変に流行り、簪といえば耳掻きがついているものになっているとか、芸妓
さんの使っている大きな耳掻き簪を、他国の人が見たならば、日本の女性の耳の穴は
なんと大きいことかと誤解されるのではなどといったエピソードまであるほど、大変
に浸透していたようです。素材も金属製、べっ甲が主流でしたが、現在では金属や
プラスティック製のものが多くなっています。既婚女性などは左のこめかみあたりに
1本、シンプルに挿したようです。芸者が2本以上の着用を許されなかったのに対し、
遊女は多くの吉丁を髮へ装着していたことで見分けることができます。表面に彫りを
施したものや飾りのついたものも数多くありますが、当店では前髪に挿す用ならば
吉丁、後ろ髪に挿すならば飾りかんざしというふうに分けています。ちなみに
関東では丸型、関西では角型の耳かきものを使ったとされています。

びらびら簪…江戸時代(寛政年間)に登場した未婚女性向けのかんざしです。本体
から鎖が何本も下がっていて、その先に蝶や鳥などの飾り物が下がっている派手な
ものを指します。裕福な商人の娘などが使ったもので、既婚者や婚約を済ませた
ものは身に付けないとされました。左のこめかみあたりに挿す用途のもので、
かんざしの中でも特に華やかなものといえます。また、鼈甲や馬爪で、牡丹(ぼたん)や
芍薬(しゃくやく)の大輪の花を象ったものなどは、花の下に鎖状の下がりを
三筋、五筋、七筋と垂らして、その下にさらに小さな花の飾りをつけるなど、
手の込んだ、美しく精巧なものがつくられました。この下がりの付いたものを、
俗にびらびらかんざし(またはぴらぴらかんざし)と呼んでいたものです。
当店では、金属なりべっ甲なり、樹脂なりで飾りが付いていて、かつ下がりの
下がっているものをびらびら簪としています。

飾りかんざし…上記の特徴に当てはまらない趣向を凝らした簪のことを指します。
作りは平打などに準じますが、優雅な花鳥風月に止まらず、俵や団扇など身近に
ある器物や野菜や小動物などもモチーフになったようです。基本的に後ろの髷に
挿して使ったものとします。

つまみかんざし…布を小さくカットしたものを、折りたたみ、竹製のピンセットで
つまんで糊をつけ、土台につけていき、幾重にも重ねたりなどして花を表現し、
これをまとめてかんざしにしたものをつまみかんざしといいます。多くは花を
モチーフにしているので「花簪」とも言われます。布は正絹が基本で、かつては
職人さんが自分で染めから手掛けていました。布製のため昔のものは残りにくく、
その辺りも花らしいといえるのではないでしょうか。その起源も古く、薬師寺の
吉祥天女の高髻の周りに花びらの簪が挿してあることから、奈良朝にはあった
ようです。平安朝にも挿頭花(かざし)という名があり、殿上人が花の宴に、
桜や桃などの季節の花を手折って挿したことも花簪の由来といえるでしょう。
この花簪は、一対のものを前髪の左右に挿す場合と、1つだけ挿すのとがあり、
一対のことを江戸では両天、京都では両差しと言ったそうです。江戸中期の
享保から寛政のころに最も流行ったと伝えられます。現代では舞妓さんが使うほか、
子供の七五三の飾りとしてもよく使われています。形状としては、ほぼびらびら簪と
同じですが、こちらは布製ということと、他にも櫛のように頭の前面に飾るもの
(勝山ともいう)も含む名称とさせていただきます。

櫛(くし)…呼称の通り、髪を梳く櫛の形状です。通常は簪とは区別されますが、
櫛は「くし」と呼び「苦死」とも解釈されることから贈り物とする際には目録上は
簪、もしくは髪飾りと呼ぶ建前が珍しくなかったそうです。多くは鼈甲(べっこう)製か、
木に膠や漆を塗り製作されていました。装飾に真珠や螺鈿(らでん)や金箔を使った
蒔絵が施されたものも多くあります。本体部分(峰の部分)は装飾を施すため広い
幅が設けられています。西洋の櫛(コーム)との大きな違いは、日本のものは櫛の
歯が左右の端まで無いことです。これは日本髪という特殊な髪形に対応していった
結果、前櫛として額と頭頂部の中間あたりに挿していたからで、その部分は前髪を
1つにまとめた状態であることからその断面は円に近い形になっており、その部分
だけしか挿すところがないため櫛の中央部分に歯があればよいからだったのです。

・笄(こうがい)とは、もともと男女兼用で髪をまとめるための道具の一つです。
男性の場合、日本刀の柄の部分に仕込まれている小さなナイフ状のものがそれで、
片側は持ち手で(ちょうど耳かきのようになっている)、そこから先端に向って
次第に細くなっていく形状です。髪をまとめる道具としては本当に太いお箸のような
形状で、これに髪を巻きつけてまげを作っていました。
これが次第に髪飾りとしてまげの中にそのまま残すようになっていったのです。
江戸時代になると、棒状の両端がまげから突き出て見えるようにまでになり、
そのため太さも両端が同じで中央部分が細くへと変化してしまいました。
そこで、両端に模様づけしたり、材質を変えて装飾を施したものになったのです。
江戸後期では、笄本来の実用から離れ、まげを作るための道具であったものが
形式的になり、出来上がったまげの中に後から挿し込むようにすらなりました。
このため、笄の中央部分から2つに分解できる差し込み式のものが考案され(特に
中差しともいう)、広く用いられました。また、櫛と笄を揃いの素材、意匠で作り、
セットにしたものも作られるようにもなりました。
また、神前の結婚式で花嫁が着けるものでは、笄の突き出た両端にさらに飾りを
つけてさらに華やかなものになっています。こうなるとどうやっても髷を作る
道具ではあり得ませんね。                 

COPYRIGHT(C) かんざし屋の(有)山口 ALL RIGHTS RESERVED.