手絡(てがら) かの子生地タイプ 大人用60センチ
日本髪の後ろのまげの部分の飾りといえば、この手絡(てがら)をまげに掛ける
ものです。

江戸時代後期では、島田(しまだ)や先笄(さっこう)などの髪型を結う
場合、後ろのまげの部分にはちりめんやかの子の布に綿を入れたものを掛ける
のが一般的でした。
特に若い娘さんなどに好まれたのがこのかの子生地のものです。

今ではお芝居などをはじめ七五三や成人式など若い方用としての需要のみが
多く残っているため、このまげに掛けるもの自体を「かの子」と呼ぶことも
ありますが、本来は手絡というのが正式です。

こちらは大人用の長めに作ったもので、長さは65〜68センチほどあります。
以前は綿が入っていましたが、近年では軽量化とお値段の関係で軽いスポンジ
生地を入れています。かの子の生地は今でも都内で製作している職人さんが
いらっしゃいますが、主に赤しか売れないのでそれ以外の色はお取り寄せになります。
私自身が直接職人さんのところへ行っていただいてきますので、早ければ2〜3日、
材料が無い場合は製作の期間を一週間ほどいただければと思います。
またまとまった数をご入り用の場合でも、数日程度のお時間をいただきます
ので、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

色は赤のみですが、他にもピンク、紫、水色、白などの色がございます。
お取り寄せには一週間ほどお時間をいただく場合がございますので、予め
ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

大きさ:65〜68センチ
素材:化繊、ポリウレタン

販売価格:1,296円(本体価格1,200円、消費税96円)

■価格
◇1,296円

◇赤 ◇(他の色は取り寄せ)