櫛止め 金属製   新日本髪のときにどうぞ!
その名前の通り、櫛を止めるための補助金具です。

かつて昭和3〜40年代には、成人式に新日本髪という髪型を結い上げるのが
流行った時代がありました。
髪の長さもセミロング程度あれば結い上げられる、簡易版の日本髪といった
髪型です。
ちなみにこの髪型は、かの有名な美容家、山野愛子先生の考案されたものと
いうことです。時代に合わせて、日本髪のスタイルを変化させたことで大流行
したのですから、さすがですね。

この新日本髪に合わせて使われたのが、平打と櫛のセット(通称平打セット)
だったのです。
櫛を前髪の上に、平打を後ろの根の部分に挿すことで、ぐっと和装らしい
雰囲気になったもので、その当時を知る方は、注文が引きも切らずにあり
大変だったとおっしゃっておりました。

さて日本髪の櫛(前櫛)ってのはですね、本来でしたら櫛を寝かせ気味に
することで、頭頂部のまげに差し込んで安定させるものなんですが、それでは
櫛がよく見えない訳ですね。だからといって櫛を縦ぎみにすると、ポロッと
落ちてしまうということもあったそうです。そこで、この櫛止めを使うことで、
安定させることができるというわけです。

使い方は以下の通り。
櫛止めはこのような形のものです。頭の部分はカタカナの「エ」の字状の形を
しています。
この頭の装着部分に、櫛の歯の部分をはめ込むだけです。
そうすると、櫛の歯に対して直角の角度でもう一つ足ができることになります。
これで、本来櫛の歯を差し込む部分と、もう一つ櫛止めの足を差しこむ部分の
2か所で髪に挿すことができるようになり、きっちり安定するという訳です。

色は赤、黒、ゴールドの3色。塗りの赤い櫛には赤、塗りの黒い櫛には黒、
卵甲の櫛にはゴールドと色に合わせて使い分けます。

新規に製作いたしましたので、お値段の方が値上がりしております。これでも
本当に押さえているのですが…。どうかよろしくお願いいたします。

大きさ:たて8センチ、幅(頭部分)2.2センチ
素材:真鍮製(赤のみ塗装、金と黒はメッキ)

販売価格540円(本体価格500円、消費税40円)

■価格
◇540円

◇ブラック