チリカン #4-3 色付き三鶴  「高尾」使用タイプ
映画『さくらん』で木村佳乃さん扮する「高尾」がつけていたものがこちらです。

古典的なかんざしの一つで、ちりかんと呼ばれるものの一種です。
他のかんざしと大きく違い、下がりだけでなく飾りもゆらゆらと揺れるところ
がポイントです。かんざしの先に細いスプリングを取り付け、さらにその
先端に飾りを付けることで、飾り自体がゆらゆらと細かく揺れる仕組みに
なっています。飾りも薄い金属の板を細かく切り出して作ったものなどが
多いため、飾り同士が揺れてぶつかり合うと金属的なチリチリという音を
たてたことからチリチリ音のするかんざし=「ちりかん」と呼ばれるように
なったそうです。
こちらは和の装いにもぴったりな、鶴の飾りの付いたもの。
薄い金属の板を扇の形に切り抜いて飾りとしたもので、光沢のあるメッキを
かけてありますから、遠目にも綺麗な輝きをしております。
またチリカン独特の飾りが動くというところが、よりきらびやかな印象を
与えてくれるのではないでしょうか。
他のタイプと比べても飾りが軽いため使いやすいのもポイントの1つです。

かんざしのベース部分については、真鍮製のしっかりとした足になっていま
すので、前髪に挿したときもひっくり返る様なことはありません。
色は写真のシルバーカラー(ロジウム)に彩色を施したもののみです。
鶴の大きさ:幅4.8センチ
足の長さ:12.5センチ

販売価格3,564円(本体価格3,300円、消費税264円)

■価格
◇3,564円

◇シルバーのみ