☆ビラカン 寸丸 「きよ葉」ver. サンゴの下がり付き
映画『さくらん』で土屋アンナさん扮する「きよ葉」がつけているものを
元にしたモデルがこちらです。古典的なビラカンというかんざしに、特徴的な
サンゴの飾りをプラスした特別製作品です。

元になっているのは丸型のビラカンで、丸い円の直径がちょうど一寸(3センチ)
あることから、このサイズを寸丸(すんまる)と呼んでいます。
通常のものは頭の周りに金属のビラが下がっているだけのものなのですが、
そのうち4本を長い下がりに付け替えております。
実は劇中で使われている物はかんざしの土台は当店のものですが、サンゴの
下がりの部分は時間に追われていたためスタイリストさんが現場で手作りした
というオンリーワンのものなのです。そのため当店では現在手元にある現品を
元に、レプリカモデルを製作してみました。

レプリカとはいえ下がりのサンゴはすべて本サンゴで、不規則な棒状のもの
と丸い球状の組み合わせが大変雰囲気のあるもので、この不規則な感じは
樹脂のパーツでは表現できないものでしょう。

下がりが長いため、頭に挿したとき下がりのゆらゆらと揺れる状態が止まる
ことはありません。
またビラカン独特のビラ下がりが、長いサンゴの下がりと小さな音を立て
ながら触れ合うところも趣があると思います。

なおこういったかんざしは実は本当に江戸時代に存在したものを参考にして
おりまして、全く荒唐無稽なものではないのです。ここの点はかんざし屋と
してはっきり申し上げておきたいところです。映画『さくらん』自体も、江戸
時代の浮世絵を何十枚も参考しており、あの時代に在ったものであれば東西を
問わずデザインや色遣いを参考にしているもので、全て実際にありえたという
ところから出発しているものです(完全にフィクションなのは大門の上の水槽
くらいではないでしょうか)。俗に「ゼブラ柄」と言われている「きよ葉」の
道中の時の帯の柄についても、あれは実は虎柄なのです。虎の皮はもう既に
輸入されていましたから、柄(デザイン)だけを生かして織り物にすること
だって可能であるという出発点があるのですよ。

かんざしのベース部分については、真鍮製のしっかりとした足になっています
ので、前髪に挿したときもひっくり返る様なことはありません。
色は写真のシルバーカラー(ロジウム)もののみです。
大きさ:20センチ
頭の円の直径:3センチ、足の長さ:17センチ
下がりの長さ:約16センチ
素材:真鍮、本珊瑚、テグス

販売価格12,960円(本体価格12,000円、消費税960円)

■価格
◇12,960円

◇サンゴ/Sのみ