☆蒔絵かんざし1本足 #467   螺鈿桜花柄/黒台
お着物をお召しになる時のちょっとしたおしゃれにおすすめのかんざしです。

蒔絵は和の雰囲気たっぷりの桜の花の柄を大胆にあしらいました。

桜の花は、江戸時代頃より改良品種が広まり、今では春の便りの風物詩として
親しまれています。そのため春の季節のものという捉えかただったのですが、
ここ最近は花のフォルムそのものが喜ばれるようになり、華やかな雰囲気の
デザインの一つのように受け入れられているものです。

蒔絵は桜の花とつぼみ、そして葉が大胆に描かれており、絵柄のデザイン性も
高く楽しめるものといえます。

また蒔絵は細かくカットした天然の青貝を貼り付けることで表現しているという、
大変細かい細工のものです。
天然の貝を染めたものをあしらった蒔絵は、螺鈿(らでん)と呼ばれ、緻密で
美しい出来栄えです。
全体を銀で縁取っており、よりシックな印象のものといえるでしょう。
絵柄の左側には鮮やかな金を、そして桜の花の奥側やつぼみには渋い赤を
使っている対比も綺麗なものです。

かんざしとしては一本足のものですが、蒔絵の入った飾り部分の大きさは
二本足の小さい蒔絵かんざしとそれほど差はないくらいのものです。
髪に挿した時に安定感を増すよう、足を長めにしてありますので、まげに深く
挿すようにしてお使いいただければと存じます。
もし落としてしまう心配がございましたら、かんざしの足に輪ゴムを巻き
つけてから髪に挿すとかなり落ちにくくなります。
近年は平べったいポリウレタン系のものがあり(TPUゴム、フィットゴム
などの名称で販売されているもの)、こちらのほうが厚みが無いのでより使い
やすいでしょう。
これは舞台やお芝居の方なども活用されているやり方だそうですので、試して
みてはいかがでしょうか。
なお跡がついてしまう場合があるので、ご使用後はかんざしからゴムを取り
外しておいてください。

こちらも一点ものです。売り切れ次第、登録から取り下げるようにいたし
ますが、行き違いの際はご容赦ください。

大きさ:たて16.5センチ×幅約7.7センチ

素材:漆、金、銀、天然貝、プラスチック樹脂(アクリル)

販売価格5,400円(本体価格5,000円、消費税400円)

■価格
◇5,400円
柄/色
◇黒