☆つまみかんざし #0901   ちりめん赤+柄生地花
昔ながらの技法で作られた、つまみ簪(かんざし)です。

縮緬(ちりめん)の生地と、和柄の生地の組み合わせが一番人気のものです。
柄生地はゴールド主体のサーモンピンク系の色合いで、細かく朱赤色の線で
柄が入ったものを使っております。細かい柄は花びらの色合いのなかに含まれて
しまい、はっきりとはしませんが、逆にこれという柄ではないのでいろいろな
柄のお着物にも合わせやすいものと思います。

飾り部分は、お花が7つ集まったものになっていて、ちりめん系の赤い花が
3つ、柄生地の花が3つ、そして中央は2種類の生地を組み合わせた花と
なっています。
お花1つは小さめのもので直径2.5センチくらい、大きめの花で直径
約3センチくらいです。
全体の大きさは直径8センチ程度で、周りの水引の飾りまで入ると10センチ
くらいのとなります。

下がりの長さは先端の鈴まで入れて約18センチです。こちらはちりめんの
赤と柄生地をグラデーションのように配してみました。

足だけの長さ:約10センチ

販売価格7,020円(本体価格6,500円、消費税520円)

■価格
◇7,020円

◇ピンク系/赤