☆チリカン 一点もの #026 石付中二傘
古典的なかんざしの一種であるちりかんの一点ものです。
他のかんざしと大きく違う点は、下がりだけでなく飾りもゆらゆらと揺れる
ところです。かんざしの先に細いスプリングを取り付け、さらにその先端に
飾りを付けることで、飾り自体がプルプルと細かく揺れる仕組みになってい
ます。飾りも薄い金属の板を細かく切り出して作ったものなどが多いため、
飾り同士が揺れてぶつかり合うと金属的なチリチリという音をたてたことから
チリチリ音のするかんざし=「ちりかん」と呼ばれるようになったそうです。
ビラの下がりと頭の飾りの両方が揺れて一層華やかな印象になるのだろうと
思います。
芸者さんがお座敷をつとめる際によく使われていますが、他にも日本舞踊な
ど日本髪のかつらをつけての踊りに広くお使いいただいております。
他のかんざしの説明でも書きましたが、揺れる飾りは若々しさを表現すると
されていますので、むすめ踊りの際に良く用いられるようですが、飾りの柄
は可愛らしいものから豪華な感じのものまで多数ございますので、お好きな
ものをお選びいただければ良いでしょう。

こちらは豪華な感じのラインストーンをちりばめたタイプ。傘の飾りという
より円形のデザインのもののようです。
そこにぐるりとラインストーンを配してきらびやかを加えてあります。
ラインストーンの色はライトサファイヤオーロラで、ブルーの上にオーロラの
メッキが施された、大変華やかな色合いです。

かんざし自体は真鍮製のしっかりとした足ですので、前髪に挿したときも
ひっくり返る様なことはありません。
メッキの色はシルバーカラー(ロジウム)のみです。

全体の大きさ:16.3センチ
傘の大きさ:直径3センチ
飾り部分の大きさ:幅約5センチ
足だけの長さ:13センチ

販売価格4,320円(本体価格4,000円、消費税320円)

■価格
◇4,320円
カラー
◇オーロラ