☆玉かんざし #119 サンゴ色八分玉(24ミリ) 卵甲足
かんざしの中でも定番的な玉かんざし。古来から今日まで、このかたちは
変わることなく愛されてきました。

こちらの玉の直径24ミリというサイズは、定番の20ミリ玉のものよりも
一回り大きく、使いやすいサイズとなっています。
全体の大きさは18センチほどで、この位のサイズですと、着けていてよく
目立つくらいのものと言えます。

玉の色はサンゴ色を模したオレンジ色で、足の色は卵甲(らんこう)です。この組み
合わせは、大変和装らしい、柔らかい色合いといえます。

またこちらの玉かんざしは、髪に挿す足の部分が頭の形に添うようにやや
反っているような感じに軽く曲げてあります。

ところで、玉の上の部分が耳カキのようになっていますよね?
ご存知の方もおられると思いますが、これはかつてかんざしが実用品と
しての機能を兼ねていた頃、本当に耳カキとしても使われていた名残り
なのです。つまり、当時のアイデア製品だったわけですね。

大きさ:18.4センチ
足だけの長さ:12.9センチ
玉の直径:24ミリ
素材:プラスチック樹脂(アセテートセルロース樹脂)

販売価格1,728円(本体価格1,600円、消費税128円)

■価格
◇1,728円

◇卵甲足
大きさ
◇18.4センチ