☆平打かんざし 銀平透かし 「藤間流」
江戸時代頃からの作りを残した、古典的な平打というかんざしです。
この「藤間流」という柄は、踊りの流派の柄の一つです。

この形のかんざしのうち、特に金属製のものはかつてはそれこそ本当に銀を
使って製作されていたので、銀の平打=銀平(ぎんひら)という名があります。
現在は真ちゅう製で、しっかりした作りになっております。そこに銀色のメッキ
(ロジウムというカラーです)を施しました。

作りは一体型ではなく、耳かきと柄部分と足の3つのパーツをロウ付けと
いう方法で組み合わせております。
なお柄の部分は金属の板から柄を型抜きにて抜き出しましたので、大量に
できる半面、一本あたりのお値段を抑えることができました。

かんざし全体の大きさは17.4センチで、使い易い大きさになっています。
飾り部分の大きさは寸丸(3センチ)で、足だけの長さは12センチです。

ちなみにかんざしの足の先というのは、まげから突き出して見えてしまっても
全く問題はございません。それよりも落してしまったりすることの無いよう、
しっかり挿していただければと思います。

またかんざしを持つときは、飾りのすぐ下あたりを持つようにしてください。
特に耳掻き部分を持ってしまうと、髪に挿し難いだけでなく、かんざしが
折れてしまったり、曲がってしまったりしやすくなります。
ちょっとした気遣いで、長くかんざしを楽しめますよ。

素材:真鍮

販売価格3,240円(本体価格3,300円、消費税240円)

■価格
◇3,240円

◇シルバー
大きさ
◇17.4センチ