☆平打かんざし 銀平透かしタイプ 「五三の桐」
江戸時代頃からの作りを残した、古典的な平打というかんざしです。
この形のかんざしのうち、特に金属製のものはかつてはそれこそ本当に銀を
使って製作されていたので、銀の平打=銀平(ぎんひら)という名があります。
こちらは銀ではなく真ちゅう製です。真ちゅうは合金ですので、強度で言えば
よりしっかりした作りになっております。そこに銀色のメッキ(ロジウムという
カラーです)を施しました。
なおこの銀平も当店にてオリジナルで製作したかんざしの1つです。

作りとしては一体型ではなく、3つのパーツを組み合わせてあります。家紋
柄の部分は金属の板から柄を型抜きにて抜き出しました。
この「五三の桐」という柄は、人気もあり意外と売れ筋の柄でもあります。
これも家紋の柄の一つですが、桐の花が中央のものは5つ、左右の端のものは
3つ付いていることから五三(ごさん)の桐という名称になっています。

かんざし全体の大きさは六寸(17.9センチ)です。このくらいの大きさでし
たら普段使いにも合わせることの出来るものでしょう。
また、飾りの家紋部分の大きさは寸一(3.3センチ)で、足だけの長さは
12センチです。

ちなみにかんざしの足の先というのは、まげから突き出して見えてしまっても
全く問題はございません。それよりも落してしまったりすることの無いよう、
しっかり挿していただければと思います。

余談ですが、江戸時代に栄えたこれらのかんざしは、出来上がった髪型に飾り
として挿すという使い方が基本でしたので、西洋のスティックのように、それ
を使って髪をまとめる、という考え方で作られてはおりません。こちらの銀平
のようにしっかりしたものならば同様の使い方もできるかもしれませんが、
基本としては「飾り」であるということをご理解ください。
また、平打かんざしも他のかんざしと同様に、かんざしを持つときは飾りの
すぐ下あたりを持つようにしてください。特に耳掻き部分を持ってしまうと、
髪に挿し難いだけでなく、かんざしが折れてしまったり、曲がってしまった
りしやすくなります。ちょっとした気遣いで、長くかんざしを楽しめますよ。

素材:真鍮

販売価格3,240円(本体価格3,000円、消費税240円)

■価格
◇3,240円

◇シルバー
大きさ
◇17.9センチ