☆平打かんざし 銀平透かしタイプ 「野菊の丸」
金属製の平打(ひらうち)というかんざしです。
「野菊の丸」柄をかんざしの飾りにあしらいました。この「野菊の丸」という
柄は、可愛いらしさから選んだものですが、歴とした家紋の柄の一つです。

平打は、江戸の初期頃に武家の奥方様がご自分の家紋を入れたものを挿して
いたことから家紋を入れるものが多くあります。

またこの形のかんざしのうち、特に金属製のものはかつてはそれこそ本当に
銀を使って製作されていたので、銀の平打=銀平(ぎんひら)という呼び名が
あります。
こちらは真鍮(しんちゅう)製で、しっかりした作りになっております。
そこに銀色のメッキ(ロジウムというカラーです)を施しました。
この銀平も当店オリジナルのかんざしです。

作りとしては一体型ではなく、耳かきと柄部分と足の3つのパーツをロウ付け
にて組み合わせたものです。また家紋柄の部分は金属の板から柄を型抜き
にて抜き出しております。そのためお値段を抑えることができました。

かんざし全体の大きさは六寸(約18センチ)よりやや小さく17.5センチで、
普段使いにも合わせることの出来る大きさになっています。
また、飾りの家紋部分は、大きさは寸丸(約3センチ)で、足だけの長さは
12センチです。

ちなみにかんざしの足の先というのは、まげから突き出して見えてしまっても
全く問題はございません。それよりも落してしまったりすることの無いよう、
しっかり挿していただければと思います。

またかんざしを持つときは飾りのすぐ下あたりを持つようにしてください。
特に耳掻き部分を持ってしまうと、髪に挿し難いだけでなく、かんざしが
折れてしまったり、曲がってしまったりしやすくなります。ちょっとした
気遣いで、長くかんざしを楽しめますよ。

販売価格3,240円(本体価格3,000円、諸費税240円)

■価格
◇3,240円

◇シルバー
大きさ
◇17.5センチ