☆平打かんざし #85 寸一  竹柄螺鈿蒔絵
螺鈿(らでん)を使った蒔絵が美しい、小振りな平打かんざしです。

平打(ひらうち)は古典的なかんざしの一つで、丸い飾りの部分が平たい
形状になっていて、そこが名称の由来となっています。

こちらの平打の素材は木製です。朴(ほお)の木という木材を使い、それの
全体にまず赤い塗りを掛けています。
そこに螺鈿をメインにした蒔絵を施してあるという、上質な品ものです。
螺鈿は天然の貝を染めたものをカットして、それを蒔絵の技法で漆を使い
貼り付けているものです。螺鈿は見る角度によって輝きを変えますので、
小さめながらも輝きの美しいものと思います。
特にこちらは螺鈿を1ミリ角程に細かくカットしたものをモザイクの絵のように
使っており、大変手の込んだ美しい出来栄えになっています。
また蒔絵は銀を主体としたシックな美しさで、螺鈿を引き立てているもの
でしょう。
柄は和装らしい竹の葉が描かれています。こちらは夏の季節のものとも言え
ますが、吉祥の意味合いのものなので特に関係なくお使いいただけます。
銘はありませんが、「永峰」さんという蒔絵士さんの手によるものです。

小振りで赤系の色合いのものは和装らしい印象で、他の飾りなどとも組み
合わせてお使いいただきやすいと思います。
またこのサイズは子供さんにもよろしいものでしょう。

こちらは一点物のため、写真の現品をお送りいたします。
販売後は速やかに取り下げるようにいたしますが、行き違いの際にはご容赦
ください。

素材:木(朴)、カシュー、天然貝、漆、金、銀
大きさ:18センチ
円の大きさ:直径3.3センチ(一寸一分)
足だけの長さ:12センチ

販売価格3,780円(本体価格3,500円、消費税280円)

■価格
◇3,780円

◇赤
大きさ
◇18センチ